会社沿革

明治37年(1904) 2月 高知県出身の酒井耐三氏が大阪市福島区西野田にて創業
水圧鉄管の製作・据付を開始
明治42年(1909) 工場を大阪市港区境川町へ移転
大正 6年(1917) 10月 東京事務所を東京市京橋区炭町に開設
大正 7年(1918) 工場を大阪市港区市岡町へ移転
大正15年(1926) 2月 株式会社に改組(資本金20万円)
水門・バルブ製作・据付開始
昭和14年(1939) 2月 精密工場を尼崎市に創設、精密ネジ・タップの製作を開始
昭和15年(1940) 11月 工場を大阪市西成区津守町へ移転
昭和20年(1945) 3月 精密工場を兵庫県多可郡中町へ工場疎開
昭和21年(1946) 5月 酒井工事株式会社を設立(その後酒井工業株式会社に名称変更)
昭和27年(1952) 6月 酒井精工株式会社を設立
昭和36年(1961) 1月 和歌山工場(鋼管構造物工場)竣工
昭和37年(1962) 4月 京葉工場(パイプパイル工場)竣工
6月 大阪証券取引所2部上場
10月 送電鉄塔納入開始
昭和38年(1963) 8月 名古屋事務所を開設
昭和39年(1964) 2月 合弁会社「香港酒井鋼管公司」(水道鋼管製作会社)を設立
  8月 堺工場1期工事完了
橋梁製作・据付開始
昭和40年(1965) 1月 和歌山工場を堺工場内へ移設
昭和41年(1966) 2月 関東大径鋼管株式会社を創設し京葉工場を同社に移す
12月 堺工場内に橋梁・水門工場完成
昭和42年(1967) 1月 合弁会社「香港酒井鋼管公司」解散
昭和45年(1970) 11月 本社機構・鋼管工場を堺工場へ移転
昭和48年(1973) 6月 本店所在地を堺市へ移転
9月 福岡事務所開設
昭和49年(1974) 12月 酒井保全工業株式会社(鋼管内面オーバーホール会社)設立
昭和55年(1980) 4月 仙台事務所開設
昭和57年(1982) 2月 札幌事務所開設
昭和58年(1983) 3月 酒井保全工業株式会社業務停止
昭和59年(1984) 1月 酒井エンジニヤリング株式会社設立
昭和62年(1987) 4月 大阪営業所開設
平成 5年(1993) 11月 本社工場内に橋梁新工場完成
平成 6年(1994) 10月 酒井テクノサービス株式会社設立
平成14年(2002) 9月 酒井工業・酒井エンジニヤリング・酒井テクノサービス合併
平成15年(2003) 6月 酒井精工株式会社との資本関係解消
9月 民事再生法申し立て
10月 上場廃止
平成16年(2004) 4月 再生計画決定
5月 100%減資後増資(資本金102500万円→1000万円)
6月 酒井工業株式会社との資本関係解消
平成17年(2005) 12月 民事再生終結
平成18年(2006) 3月 本社を堺市堺区出島西町3番地26に移転
平成22年(2010) 12月 本社工場拡張(出島西町3番地27ほか取得)
平成27年(2015) 6月 資本金を3,000万円に増資

Copyright(c) Sakai Iron Works Co. Ltd., All Rights Reserved.